与論島の魅力が国際観光映像祭で評価! ヨロン8Kをみた感想

『与論の魅力が世界で評価された』

とのニュースが飛び込んできました。

与論島は鹿児島県の最南端の島で、徳之島と同じ大島地区に位置します。

この記事では、

・ ニュース記事の内容
・気になる映像の魅力

について紹介します

この記事をサクッと流し読み

与論の魅力が世界で評価された!気になる内容とは

2019/10/29 13;01配信されたヤフーニュース記事で紹介されました。

国際観光映像祭「ART&TUR」の授賞式が現地時間の25日、ポルトガルのトレシュベドラシュであり、鹿児島県与論島の観光動画「Yoron Island Japan in8K HDR(ヨロン8K)」が国際コンペティションのフィルムロケーション部門で2位を獲得した。町側は「与論の魅力が世界で評価された」と喜び、今後も動画を活用した島の魅力発信と観光誘客に力を入れる考えだ。

(引用;Yahoo!ニュース)

同じ奄美群島として徳之島出身のぴろじ~まは、すぐに食い付きました!

世界を魅了した動画・・・気になりますよね。

ちゃんと準備していますよ。その動画がこちら⏬

(出典;Yoron Island Japan in8K HDR(ヨロン8K))

今回の授賞式に臨んだ山元宗町長は、

「海外で与論の動画がこれだけ高い評価をいただいたことに島民の一人として大変誇りに思う。世界に誇れる島の自然や文化を大切に守り、引き継いでくれた島の祖先の方々に感謝したい」

とコメントを残しています。

ヨロン8Kとは

2018年12月9日公開で2019年10月29日現在、再生数は418万回を超えました!!

「本当にここ日本?」
「すごく綺麗」
「今年絶対に行きたい」
「こんな島があったことに驚き」

などなど称賛する声が多数あります。

「ヨロン8K」は与論町が観光PR用として映像作家の永川優輝さんに依頼して制作、今年3月に大阪で開催された日本初の国際観光映像祭の中で国内部門でグランプリを受賞

主催者側から推薦を受け、世界的に栄誉ある映像祭「ART&TUR」への出品が決まった。

この段階でかなり勢いが感じられますよね(´∀`*)ウフフ

同映像祭の国際コンペティション部門には52カ国から219作品が出品され、最終審査にはヨロン8Kを含む25作品がノミネートしていた。

実際にヨロン8Kを観た感想

(出典;Yoron Island Japan in8K HDR(ヨロン8K))

ただ与論の景色と音楽が流れているだけ!でも、これがとってもいい♪

余計な説明がなく、シンプルに与論の風景や日常を映し出し、そこに心地よい音楽が流れている

だから与論のもつポテンシャルが十分に生かされ、高画質のディスプレイでなくても与論の魅力が十分に伝わる動画となっています!

ポイント!
画面右下の字幕を『ON』にすると、観光スポットの名称が表示されます。ぜひお試しください。

まとめ;徳之島にも魅力がいっぱい

分かっていたけどやっぱり与論島はステキです。その魅力を存分に伝えているヨロン8Kの出来も素晴らしい!

ただ、徳之島出身としては「悔しい!」と純粋にジェラシーを感じてしまいました。

徳之島にも多くの人を魅了するだけのコンテンツがたくさん揃っている。

あとはどのように表現するか

少しずつ動き出して変わりつつある徳之島を、『とくのらんど』は応援し続けたいと思う

与論島に近い徳之島についてはこちら👇

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事をサクッと流し読み
閉じる