離島の引っ越し料金が高くなる理由 少しでも安くする方法

「離島の引っ越しは高いと聞くけど、なるべく安く抑えたい」

離島への引っ越しは、家族構成にもよりますが軽く見積もっても30~50万円ほどします。

仕方ない出費とはいえ、できることなら少しでも引っ越し料金を安くしたいですよね。

この記事では、離島の引っ越し料金が高くなる理由と、その引っ越し料金が少しでも安くする方法、について紹介します。

※当記事では、離島の中でもとくに徳之島や奄美大島に絞っています。

好きな項目へ飛びます

離島の引っ越し料金が高くなる理由

引越し業者に支払う代金は、主に「移動する距離」と「荷物の量」で決まり、相場としては、単身で約11~30万円、家族で15~45万円となります。

※離島への引っ越しは、通常の引っ越しに比べて相場が+10万円くらいになるため、余裕を持って費用を用意する必要があります。

離島への引っ越しの料金が高くなる大きな理由として、『船便を使ったコンテナ輸送』だからです。

船便を使ったコンテナ輸送になることで、

①作業工程が多くなる
②提携業者に依頼する必要がある

ということが起こります。

①作業工程が多くなる

<船便輸送での作業工程>

・荷物をトラックに積み込む
・荷物を港までトラックで輸送する(陸送)
・船に荷物を積み込む
・船でも目的の離島まで輸送する(海上輸送)
・船から荷物をトラックに積む
・トラックで新居まで荷物を輸送する(陸送)
・新居に荷物の搬入を行う

船便の集荷場まで荷物をトラックで輸送し、船に荷物を積み込み海上輸送、着船後もコンテナからトラックに乗せ換える

離島への引っ越しは、必要とする作業工程が多く人件費などのコストがかさむため、最終的に通常の引っ越しに比べて料金が高くなる傾向にあります。

離島の引っ越しはすごく手間暇がかかっているんだね

②提携業者に依頼する必要がある

離島への引っ越しに対応できる業者が少ないことで価格競争が起こりにくかったり、自社ですべて出来ない場合などは別業者に荷物を委託する必要が出てきます。

結果、料金が加算され離島への引っ越し料金が高くなります。

離島の引っ越し料金を少しでも安くする方法

軽く見積もっても30~50万円はする離島への引っ越し料金を少しでも安くしたいと思いますよね。

<少しでも安くする方法>

①自分で荷造りをする
②繁栄期を避けて引っ越しをする
③単身パックまたは宅配便を利用する
④家財は引っ越し先で揃える
⑤引っ越し業者の一括見積を利用する

離島の引っ越し料金を安くする方法として3つの方法があります。

①自分で荷造りをする

自分で引っ越しの荷物を荷造りすることで、もっとも料金が安いプランで引っ越しをすることができます。

時間と手間が掛かりますが、確実に引っ越し料金を安くすることができるので頑張って自力で荷造りしましょう。

②繁栄期を避けて引っ越しをする

引っ越し料金は、人の移動が多くなる3月・4月がもっとも料金が高くなります。

この時期は引っ越しの予約もすぐに埋まるため、お目当ての引っ越し業者をみつけるのも難しくなります。

スケジュールの都合がつく人は、繁栄期を避けてなるべく引っ越しの料金の安い時期や曜日を選びましょう。

③単身パックまたは宅配便を利用する

荷物量が少ない単身者は、引っ越し料金がリーズナブルである単身パックを利用しましょう。

単身者だけでなく、一人暮らしを始める学生や家財の量が極端に少ないご家族にもおすすめです。

引っ越し先で家具など揃っていて荷物が段ボール数個で済む場合は、宅配便で送るほうが安く済ませることができます。段ボールの大きさや重量によって運送料が変わるので、各運送会社のホームページで確認をしましょう。

関連記事 ➤佐川急便・ヤマト運輸・日本郵政 離島に荷物を安く送ることが出来る配送業者は

また、現在所有している自動車をフェリー輸送で離島へもってく場合は車内に荷物を詰めるのも有効な手段です。

「単身パック」とは
高さ約170cm × 横幅約110cm × 奥行き約100cm程度のコンテナボックスで荷物を運ぶ、単身向け引越しパックの総称。

④家具・家電は引っ越し先で揃える

大きな家具・家電を引っ越し先に送ると、どうしても引っ越し料金が高くなります。

徳之島などの離島にも家電量販店があるので、引っ越し前に売り払って、得た利益で引っ越し代金に充てたり、新居での家具・家電の購入費にしましょう。

シンプルだけど、かなり有効な手段なのでおすすめ!

また、徳之島の引っ越し先の賃貸物件には家具・家電が揃っている場合もよくあるので、その時は「出張買取」で得た利益はまるまる引っ越し費用となります。

以下に、おすすめの「出張買取」を紹介するので参考にしてみてください。

お引越しで整理したいモノの買取専門/バイセル

⑤引っ越し業者の一括見積もりを利用する

業者に手あたり次第に電話していくのもいいですが、それだと手間暇がかかってしまいます。

そこで、とっても便利なのが『引っ越し業者の一括見積もり』です。

登録してある引っ越し業者の料金を簡単に一括比較できるため、手間も省きながら引っ越し料金が安い業者を探し出すことが可能です。

関連記事 ➤【比較】離島に対応した引っ越し業者とおすすめ一括見積もりサイト

以下に、おすすめの「引っ越し一括見積もりサイト」を紹介するので参考にしてください。

※あいのり便
すでに引っ越しが決まっている船便に混載してもらうことで割引してもらうサービス。

まとめ;離島の引っ越し料金が高くなる理由と安くする5つの方法

離島の引っ越し料金が高くなる理由と少しでも安くする方法、について紹介しました。

引っ越し料金を安くしたい人は、①荷物を厳選して宅配便で送る、②家財は引っ越し先で揃える、③引っ越し業者の一括見積を利用する、の3つの方法を、ぜひ検討しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
好きな項目へ飛びます