【徹底比較】徳之島行くのに安いのは?早いのは? 飛行機と船で比べてみた

・徳之島に早く行く方法は?
・できるだけ安く済ませたい

このページではそのような疑問にお答えします。

離島である徳之島へのアクセスは飛行機と船に限定されます。

そこで今回、徳之島出身で何度も飛行機と船を利用した”ぴろじ〜ま”が、それぞれの交通手段ついて所要時間や料金、各サービスについて比較してみました。

参考にしてみてください。

目次

徳之島への交通手段である飛行機と船の比較

徳之島への主な交通手段である飛行機と船について各項目で比較してみました。

区間は、もっとも人の出入りが多い鹿児島↔徳之島としました。

飛行機
①料金(片道)  30,700円 11,420円
②所要時間 1時間5分 14時間30分
③便数 4便 1便
④早割 あり なし
⑤荷物預かり あり なし
⑥車の積込み 不可
⑦飲食サービス あり なし

移動時間に大きな違いがあり、飛行機の方が圧倒的に早く時間の節約ができます。時間にゆとりがあり船旅を楽しみたい、または自動車やバイクを運びたいときは船を利用しましょう。

料金を比較してみると、船の方がお手頃ですね。ただし、船を利用する際に部屋のグレードを上げたり、自家用車を積み込むと場合によっては値段が飛行機並みまたはそれ以上になります。

船は時間がかかる移動手段ではありますが、夜に出港する便を選べば朝起きたときに目的の港に着くという意味では、時間が節約できる乗り物ということができます。

飛行機で行く徳之島!メリットとデメリット

徳之島までは鹿児島空港または奄美大島空港を経由します。

以前は往復10万円ほど交通費がかかっていましたが、格安航空(LCC)の登場により以前よりは安価で徳之島に行けるようになりました。

しかし、LCCが運航しているのは鹿児島空港までとなり鹿児島から徳之島はJAL便(1日4便)のみとなっています。

行楽シーズンになるとこの区間だけでも飛行機代がとっても高くなるので、4人家族が東京から帰省しようとすると一般サラリーマンひと月の給料が往復交通費だけで飛びます💦

これではなかなか気軽には行けないですよね。。。

大人普通運賃 30,700円
往復割引 27,750円
先得(28日前) 11,500円
先得(75日前) 11,000円

早期購入割引75日前と早期購入割引28日前では料金はそれほど変わりませんが、普通運賃と早期購入割引28日前とでは大きな差があります。

できる限り搭乗日の28日前までには航空券を予約するとお得です。

以下に飛行機で行くメリットとデメリットを紹介します。

メリット1;移動時間が短い

飛行機は、出発地から目的地までフェリーよりも短時間で移動できるのがメリットです。

短時間で移動できるため疲れにくく、現地での時間を有効活用できます。

ちなみに鹿児島空港と鹿児島中央駅間は車で約40分かかります。

メリット2;運航便数が多い

フェリーの場合は1日1~2本運航しており、夜に港を出発することがほとんどです。

飛行機では、路線によって異なりますが、フェリーより運航本数が多いです。

飛行機はフェリーと比べて、搭乗する時間帯を選びやすいのがメリットです。

デメリット1;徳之島入りするLCCがない

※少しでも交通費を安く抑えたい方は、早期早割チケットを購入したり、JALマイルを貯めてマイレージを利用しましょう。

デメリット2;空港での待ち時間が発生することがある

大手航空会社とLCCを乗り継いで徳之島へ行く場合、発着時間の間隔が空いて空港内で長時間待機するということが起こることがあります。

そんな時は空港内で食事を済ませたり、子どもをプレイエリアで遊ばせるなど、時間を有効に使いましょう。

船で行く徳之島!メリットとデメリット

船を利用して徳之島に行く場合、鹿児島新港(鹿児島)から乗ります。

鹿児島〜沖縄までにある7つの港に一つずつ各駅電車の様に停まりながら進みます。なので途中の用事の無い港でも毎回止まる事もあるかと思います。

フェリー運航会社はマルエーフェリーとマリックスラインの2つの会社が、毎日交互に運航しています。

船の料金は等級によって変わります。今回はマルエーフェリー2等級和室(大衆ざこ寝部屋)の料金を元に紹介します。2社とも基本的にはほぼ同じ様な料金です。

船で行くメリットとデメリットを紹介します。

メリット1;安い

運賃はそれぞれ飛行機30,700円、船11,420円と差は歴然!

もちろん部屋のグレードを上げると飛行機並みに高くなりますが、一番お得な部屋の片道運賃は船が安いですね。

メリット2;自動車やバイクを積むことができる

船を利用するメリットは、自動車やバイクなどを積めることです。飛行機の場合、現地を車で移動するには、レンタカーが必要になります。

※ただし、船に自動車やバイクを積むと運賃が高く設定さてれいます。

メリット3;宿泊費を抑えられる

船は夜に出発し、朝に目的地に到着するため、宿泊費を抑えられるのもメリットです。船の場合、もっともランクが低い客室であっても横になって睡眠をとることが可能です。

また、客室のランクによっては、ホテルと同等の設備で宿泊できます。

デメリット1;とにかく時間がかかる

船内には、無料で利用できる展望風呂や海を眺められる展望レストラン、時間を潰せるゲームセンターなど充実した施設があります。

飛行機の場合、搭乗中は座りっぱなしですが、フェリーでは船内でのんびり過ごせます。

デメリット2;慣れていないと疲れやすい

まず、基本的に手荷物は自身で客室内まで運ぶことになります。

もっともランクが低いお手頃な2等客室は大部屋となります。仕切りがないため周りの音が筒抜け、しかも隣との距離も近いため人によっては寝づらいことがあります。

※2等室を利用する場合、部屋の隅が快適に過ごせる場所となるのでフェリーに早く乗船し確保しましょう。

まとめ;飛行機と船の比較

のんびり移動時間も楽しみたい ➡フェリー

早く目的地に行きたい ➡飛行機

離島へのアクセスは天候に大きく左右されます。特に台風!進路によっては、せっかく事前に予約しても飛行機が飛ばないということもあります。

飛行機の方が圧倒的に早いので時間を節約したい場合は飛行機を利用し、時間にゆとりがあり船旅を楽しみたい、または自動車やバイクを運びたいときは船を利用しましょう。

あなたの徳之島への旅が快適なものとなりますように♪

★合わせて読まれている記事★

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる