犬の門蓋|自然が作り出す芸術 メガネ岩が特徴的な定番の観光地

通称「メガネ岩」で知られる「犬の門蓋(いんのじょうふた)」は、ガイドブックにも載っている徳之島の景勝地です。

季節風や荒波によって浸食された断崖・奇岩が特徴的な場所となっています。

[関連]
地元民が選ぶ徳之島のおすすめ観光スポットをエリア別・シーン別に紹介

目次

鹿児島県徳之島にある犬の門蓋とは

鹿児島県徳之島にある「犬の門蓋」は東シナ海に面した海岸で、隆起サンゴ礁が長年にわたる浸食によりできた奇岩や断崖があります。

通称「メガネ岩」と言われる奇岩や断崖、洞窟、ビーチロックなど変化に富んだ景観は見事なものです。

ビーチロック(beach rock)は、炭酸カルシウムのセメント作用により、海浜堆積物が膠結されてできる、板状の石灰質の砂礫岩のことです。

~「犬の門蓋」の由来~

昔、大飢饉のとき、人畜を襲う野犬を海中に投じたという逸話からこのような呼称がつきました

「犬の門蓋」の営業時間やアクセス

「犬の門蓋」の基本情報についてまとめました。

所在地 鹿児島県大島郡天城町兼久
アクセス 徳之島空港から約15分

亀津から約35分

営業期間 年中無休
電話番号 0997-85-5382 (天城町商工水産観光課)
駐車場 20台
料金 無料

鹿児島県徳之島の犬の門蓋の口コミ

「犬の門蓋」の口コミについて一部紹介します。

①大阪市

駐車場からゆっくり下り坂を歩いて5分ぐらいです 足元が隆起サンゴでガタガタしているので サンダルから靴に履き替えて行ったほうが絶対にいいです GoProやスマホのパノラマをうまく使って 記念撮影するには絶好の場所です ハートロックも探してみてください。

②東京都

車を停めて2~3分下って行った、海岸沿いの崖に突如あらわれます、 迫力もあります。すぐ置くが崖のような海岸になっており、景色もすごく良いです。

(引用;2018年犬の門蓋へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

実際に犬の門蓋に行った感想

徳之島空港から約15分。天城町の中心地である平土野を通り抜け、サトウキビ畑に囲まれた農道を進んでいくと景勝地「犬の門蓋」が現れます。

案内板がありますが、場所はやや分かりにくいところにあります。

観光される時には車でないと行けないので事前に車の手配をしておきましょう。

数年前に訪れた時には無かった展望台や遊歩道が出来ていました。その展望台からは360度の素敵な景色が広がります。

展望台からの景色はこんな感じです。この日は天気が良かったので気持ちがいい~♪

案内板に沿って、遊歩道を海に向かって進んでいきます。

どんどん進んで行きます。

「めがね岩」は、隆起サンゴ礁が長年にわたる浸食によって創られた奇岩の一つです。

メガネのようにくり抜かれた空間からみる海と空はとっても絵になりますよ。素敵な写真が撮れるの間違いなし!

めがねのその先には・・・こんな感じです(笑)

豆知識!
2010年に公開された「東京島」の撮影の一部もこの場所でも行われました。

犬の門蓋の楽しみ方

①2つの大きな洞門が眼鏡をくり抜いたように見えることから「メガネ岩」と呼ばれるようになったそうです。

②毎年12月~4月にかけてはザトウクジラが姿を現すこともあります。

③ボコボコした岩場を歩くのでスニーカーとか動きやすい靴がおすすめです。柵もないので海に近づき過ぎないように気をつけましょう!

まとめ;定番だけど外せない観光地

「メガネ岩」から見える風景は海と空が見渡せて夕日がとても綺麗な観光スポットです。

ぜひ、立ち寄ってみてくださいヾ(≧▽≦)ノ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる