鹿児島県出身の男性有名人まとめ 男前or個性派?(俳優、アーティスト、スポーツ選手)

鹿児島県出身の男性有名人を集めてみました。

鹿児島県出身の女性有名人には、榮倉奈々さんや、小西真奈美さんなど美女揃いでしたが、はたして男性有名人はいかがでしょうか。

男前それとも個性派?

さっそく紹介していきたいと思います。どうぞお楽しみください♪

この記事をサクッと流し読み

鹿児島県出身の男性有名人

鹿児島県出身の男性芸能人を俳優、アーティスト、スポーツ界からピックアップして紹介します。

鹿児島県出身の有名人①;山田 孝之

(出典;https://www.crank-in.net/gallery/person/1022/305

生年月日 1983年10月20日
生まれ 鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)
出身校 武蔵野市立第三中学校
所属事務所 スターダストプロモーション

山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日)は、日本の俳優。

1999年、10月から放送されたドラマ『サイコメトラーEIJI2』(日本テレビ)で俳優デビュー。2003年、『WATER BOYS』(フジテレビ)でテレビドラマ初主演。2005年、『電車男』で映画初主演。

2007年、秋に公開された映画『クローズZERO』からワイルドな役を演じるようになり、『イキガミ』『クローズZERO II』『BOSS』などでは長髪と無精髭でそれまでとは違った一面を見せた。

2012年1月1日、かねてより交際が報道されていた7歳年上の一般女性と約2年の交際の末、元日午前に都内区役所に婚姻届を提出した。

2012年10月に夫人の妊娠を発表。2013年3月上旬に男児が誕生していたことを同月中旬に発表した。

鹿児島県出身の有名人②;沢村 一樹

(出典;http://www.officiallyjd.com/archives/277647/20130818_matsuko_16/)

生年月日 1967年7月10日
生まれ 鹿児島県鹿児島市
出身校 鹿児島県立松陽高等学校卒業
所属事務所 研音

沢村 一樹(さわむら いっき、1967年7月10日)は、日本の俳優、タレント。

20歳で19万円を手に鹿児島から飛行機で上京し、俳優を目指しながら、ファッションモデルとして活躍。

バイト先のライブハウスの客の紹介でモデル事務所に入り、スタイルの良さを生かし、25歳で雑誌『MEN’S CLUB』の専属モデルとなる。

2000年、32歳で5歳年下の元モデルの女性と結婚。夫人との間に3人の男児がいる。

40歳を目の前に、俳優として二枚目役ばかりがオファーされる状況に危機感を感じ、バラエティで下ネタを初披露するが、この奇策が予想以上の反響を呼び、2006年、NHKのコント番組、『サラリーマンNEO』で「セクスィー部長」に扮し、視聴者の心をつかんだ。

鹿児島県出身の有名人③;長渕 剛

(出典;https://shinbishika-guide.com/nagabuchi-tsuyoshi/

生年月日 1956年9月7日
生まれ 鹿児島県日置市
出身校 鹿児島市立甲南中学校、鹿児島県立鹿児島南高等学校情報処理科卒業、九州産業大学芸術学部中退
所属事務所 Office REN(オフィス・レン)

長渕 剛(ながぶち つよし、1956年9月7日)は、日本のシンガーソングライター・俳優・詩人・画家。本名は同じ。1977年の1回目のデビュー時の芸名は名の読みが(ごう)。

1977年、シングル『雨の嵐山』でビクター・レコードからシンガーソングライターとしてデビュー(一般的には1978年『巡恋歌』による東芝EMIからの再デビューが、本格デビューとして知られている)。

「乾杯」「とんぼ」「しあわせになろうよ」等、多数のヒット曲あり。

現在までに、ソロアーティストとしてアルバム初登場1位獲得数12作品、トータル売上げ2000万枚を突破し、名実共に日本を代表するシンガーソングライターの一人である。

鹿児島県出身の有名人④;吉田 拓郎

(出典;https://music.163.com/#/artist?id=15877

生年月日 1946年4月5日
生まれ 鹿児島県伊佐郡大口町(現:伊佐市)
出身校 広島市立翠町中学校、広島県立広島皆実高等学校、広島商科大学(現:広島修道大学)卒業
所属事務所 竹田企画

吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日)は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフレコードの第2代社長である。本名同じ。旧芸名は平仮名のよしだたくろう。

日外アソシエーツ『ポピュラー音楽人名事典』は、「ニューミュージックを代表する音楽家」と掲載している。

2000年2月号の日経エンタテインメント!の特集「J-POPの歴史をつくった100人」で、“J-POPの開祖”と記される。

鹿児島県出身の有名人⑤;恵 俊彰

(出典;https://yukadiary.com/4877.html

生年月日 1964年12月21日
生まれ 鹿児島県鹿児島市
出身校 鹿児島市立甲南中学校、鹿児島県立甲南高等学校卒業
所属事務所 ワタナベエンターテインメント

恵 俊彰(めぐみ としあき、1964年12月21日)は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、ニュースキャスター。お笑いコンビ「ホンジャマカ」のツッコミ担当。

1987年、当時渡辺プロダクション(現・ワタナベエンターテインメントの親会社)が立ち上げた若手お笑いタレントグループ「BIG THURSDAY」(ビッグサースデー)のオーディションに合格し、芸能界入り。

1998年にフジテレビ『ロケットパンチ!』で司会を担当したのを皮切りに恵個人での司会業が増えていった。

鹿児島県出身の有名人⑥;大迫勇也

(出典;https://news.mynavi.jp/article/20181130-732887/

生年月日 1990年5月18日
生まれ 鹿児島県加世田市(現南さつま市)
出身校 鹿児島育英館中学校、鹿児島城西高校
所属事務所 ブンデスリーガ・1.FCケルン

大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日)は、プロサッカー選手。日本代表。ポジションはフォワード。

2014年、2018年W杯メンバー。全国高等学校サッカー選手権大会における一大会最多得点記録(第87回・10得点)保持者。

鹿児島城西高校では1年からレギュラーで活躍し、高校入学と同時にU-16日本代表にも選出された。

Jリーグの6クラブが争奪戦を繰り広げたが、鹿島アントラーズへ加入。2年目となる2010年は、新人ながらコンスタントに試合に出場し3連覇に貢献した。

2013年8月7日、スルガ銀行チャンピオンシップのサンパウロFC戦で、プロ入り初のハットトリックを達成。また、同月のリーグ戦で6試合6得点の活躍を見せ、初の月間MVPを受賞。

2013年7月、東アジアカップ2013の日本代表メンバーに選出され、21日の中国戦で代表初出場果たし、25日のオーストラリア戦で初ゴール含む2得点を記録。

「大迫半端ないって」このフレーズは2018年の流行語となり、第35回ユーキャン新語・流行語大賞では「(大迫)半端ないって」がトップテン入り(受賞者辞退)、ネット流行語大賞2018では「大迫半端ないって」が銅賞を獲得し、Yahoo!検索大賞2018ではカルチャーカテゴリーの流行語部門賞として「大迫半端ないって」の受賞が先行発表された。

大迫自身は「大迫半端ないって」が話題になる事に関しては好意的な姿勢を見せている。

鹿児島県出身の有名人⑦;遠藤 保仁

(出典;http://www.officiallyjd.com/archives/172836/20120913_tanakamiho_16/)

生年月日 1980年1月28日
生まれ 鹿児島県桜島町(現:鹿児島市)
出身校 鹿児島実業高等学校
所属チーム ガンバ大阪

遠藤 保仁(えんどう やすひと、1980年1月28日)は、プロサッカー選手。日本代表。ポジションはミッドフィールダー。

日本代表の国際Aマッチ出場数最多記録保持者。2009年アジア年間最優秀選手。2014年JリーグMVP。

また、Jリーグではアシストの統計をとっていないため、公式記録ではないが、2018年シーズン終了時点での通算Jリーグ最多アシストを記録している。

2019年のJリーグ開幕戦で、史上初の20年連続開幕戦先発の単独記録となった。

オシムからは「常に自分をコントロールし、チームメイトや対戦相手もコントロールする。その知性はチームに大きなプラスアルファをもたらす。彼がいれば監督は必要ない」と高い評価を得ている。

代表における遠藤の後継者候補に挙げられている選手には柴崎岳、扇原貴宏、家長昭博、柏木陽介、高橋秀人がいる。

鹿児島県出身の有名人⑧;稲本 潤一

(出典;http://www.officiallyjd.com/archives/220491/20130215_suzukiemi_45/)

生年月日 1979年9月18日
生まれ 鹿児島県姶良郡湧水町
出身校 向陽台高等学校
所属チーム コンサドーレ札幌

稲本 潤一(いなもと じゅんいち、1979年9月18日)は、プロサッカー選手。元日本代表。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。

2002年、2006年、2010年と3大会連続でFIFAワールドカップに出場し、2002年大会では2得点を挙げ、日本代表初のベスト16に貢献。 妻はモデルの田中美保。

鹿児島県出身の有名人⑨;中 孝介

(出典;http://okmusic.jp/news/12583

生年月日 7月13日
生まれ 鹿児島県奄美大島
出身校
所属事務所 よしもとミュージックエンタテインメント

中 孝介(あたり こうすけ、1980年7月13日)は、日本の男性歌手、唄者。鹿児島県奄美大島名瀬市(現・奄美市名瀬)出身。琉球大学法文学部人間科学科地理人類学専攻社会人類学コース卒業。

1997年、シマ唄を独学で始める。翌1998年5月に開催された第19回奄美民謡大賞に初出場し、努力賞を受賞。2000年には同大賞で新人賞、日本民謡協会奄美連合大会で総合優勝。

2007年、『アイホン』TV-CFのイメージソングに未発表曲「夜明け前」が採用された。4月に発売した森山直太朗・御徒町凧コンビの書き下ろしによる『花』がロングヒットを記録した。

まとめ;鹿児島県出身の男性有名人は男前から個性派まで幅広くいる

鹿児島県出身の男性有名人をピックアップして紹介しましたが、いかがでしたか?

男前から男気に満ち溢れた方、個性派の方まで幅広くいましたね。

鹿児島県民としてこれからの活躍を期待し応援しましょうヾ(≧▽≦)ノ

こちらの記事もよく読まれています⇩

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事をサクッと流し読み
閉じる