【初心者必見】トライアスロンIN徳之島を完走しよう!スイム・バイク・ランの攻略法

今年も開催される「トライアスロンIN徳之島」

 

 

大会当日は会場には全国各地から集まったアスリートで会場はいっぱいになり熱気に包まれ、毎年感動のドラマが繰り広げられています。

 

 

徳之島の事をさくっと知りたい方は、【完全保存版】さくっと徳之島の事を知ろう❢ 観光・グルメ・文化、早わかりガイドを参考になります。

[blogcard url=”https://tokuno-land.site/tokunoshima-guide/”]

 

せっかく出場するトライアスロンIN徳之島。国内屈指のミドル大会で好成績を残すためのコース攻略法を紹介します。

 

目次

トライアスロンIN徳之島 スイム・バイク・ランの攻略法

トライアスロンIN徳之島を完走するための、スイム・バイク・ランそれぞれのコースに対する攻略法について解説します。

 

 

攻略法①;スイム

スイムは2kmのコースで1km時点で折り返します。

 

スイムのスタート地点にトイレが設置されていますが当日は混み合うため、スタート前の試泳が出来ないこともあります。宿泊先で用を足して現地に向かうといいでしょう。

 

 

スタートは合図に合わせてみんなが一斉に泳ぎ出します。それぞれの距離が狭いので手で叩かれたり足で蹴られたり・・・散々です💦

 

 

ここで取り乱すと結構体力を消耗します。中には過呼吸となったり早々とリタイアする人もいるくらい。初めて参加される方や競技タイムが遅い方は、端の方もしくは後方でポジションを取ることをおすすめします。

 

 

スイムは3競技の中でも当日の天候などに大きく左右されます。水温や波の高さ、潮の流れによって思うように前に進まないこともあります。また、唯一、沿道からの声援が届かない競技なので孤独との闘いとなります。

 

 

日頃の準備としては、頻度はそこまで多くなくてもいいので、1回の練習でしっかりと長距離を泳ぐことを意識しながらトレーニングをしましょう。

 

 

スイムの様子がよく分かる動画がこちら↓

 

 

 

攻略法②;バイク

まず何より、ウェットスーツを脱いだらすぐに栄養補給をしましょう!

 

 

レース中は30分毎に栄養補給できるのが理想とされていますが、スイム中は不可能。なので、バイクをスタートさせる前に最初の栄養補給を終えておきましょう。

 

 

バイクはスタートしてすぐに短い上り坂があるので、ギアを軽く入れる準備をしておくといいでしょう。あとは、15km付近に長い上り坂、そして55km付近からのかなり長い上り坂があります。

 

 

その他は、比較的穏やかなので体力を温存しながら気持ちよく走りましょう。スイムのダメージが残っている方は、体力の回復に努めます。

 

 

徳之島のバイクコースは長い上りと下りが繰り返されるのが特徴ですが、タイムを縮めたい方はこの坂道を活用したり、スピードを意識的に高めることで好タイムが期待できます。

 

 

余裕がある方は美しい景色を楽しみながら走ってみてもいいですね♪

 

バイクの様子がよく分かる動画がこちら↓

 

 

 

 

攻略法③;ラン

ランは、比較的坂が多いコースとなるので初心者には少ししんどいかも。21kmのコースでちょうど半分の10㎞辺りからある高低差85mの上り坂が難所となります。

 

 

6月下旬ですが気温30度前後の夏日!これが体に堪えます💦

 

 

でも、安心してください。徳之島のトライアスロンは他のトライアスロンに比べてエイドステーションが充実しています。ドリンクで乾いた喉を潤したり、ビニール袋に入った氷水を首にあて暑さを凌ぎましょう。

 

 

ランはスイムとバイクの疲れが蓄積した状態なので体が思うように動きません。立ち止まりたい気持ちも分かりますが、出来るだけ動き続けましょう。

 

 

これはトライアスロン初心者が共通して起こりやすいミスのひとつに、「スピードをベースにペース配分をする」ということがあります。

 

 

トレーニングを重ねてきたコースとレースコースでは、コース自体が異なるのはもちろん、風の向きや強さが異なりますので、スピードをベースにしてペース設定をしてしまうと、調整するのにムダな体力を使い早々と力尽きてしまいます。

 

 

これはバイクも同じですが、その時々でペースを変えながら楽な状態で走れるように調整しましょう。

 

 

また、一回立ち止まると、次になかなか足が前に出なくなります。戦略的に上り坂で歩くことはいいですが決して止まらないように、沿道の声援を力にゴールを目指しましょう。

 

 

ランの練習計画としては、バイクで走った後にランニングをする「ブリックラン」を取り入れましょう。

 

 

これはトライアスロン特有のもので身体が疲れ切った中でのランニングとなります。トライアスロン本番さながらの練習を週に1回程度取り入れることをおすすめします。

 

 

ラン終盤のエイドステーションには「かき氷」が準備され、これに感激する選手も多いです。

 

走り終わったら、ゴールの会場ではアイシングのサービスこれがとっても気持ちよくて最高♪

 

 

ランのフィニッシュのシーンです(少し古いですが💦)↓

 

 

 

まとめ;トライアスロンIN徳之島を完走しよう!

自分の限界を試されるトライアスロンは、まさに挑戦しがいのあるスポーツです。

 

 

そのトライアスロンにチャレンジする舞台に徳之島を選んでいただき、そして徳之島の情報を発信している当ブログにたどり着いたのも何かの縁です。

 

 

「トライアスロンIN徳之島」があなたにとって素敵な大会になりますことを心より願っています。

 

 

大会当日は楽しみながら好成績を収めることを期待しています😄

 

 

[関連記事]【トライアスロンIN徳之島】国内屈指のミドル大会 リピートしても出場したくなる5つの理由

[関連記事]【徳之島のトライアスロン】リピーター続出!地元民と楽しめる大会の概要・歴史・見どころについて

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる